私のこと 精神修行 身体の使い方と体型の関係

頼り切らない

こんにちは。≪体幹・インナーマッスルトレーナー・筋膜リリースセラピスト・webクリエーター エキスパート≫志賀です😊

今日は、身体・精神を健全に保つ大切さ、前々から感じていたこと、自分の中で結論に達したことなど 書きたいと思います。

かなり、長くなってしまったし、ブラックな内容なので、苦手な方はスルーしてください。


まずは最近、気になっている精神病のこと。

調べてみると、精神病は遺伝するものではない所見が多いみたい。

確かに、身体の病気も 親から遺伝するものは限られていて、

親と似通った思考回路、生活習慣などによって、その病が発病するものだと思うのです。

だから、体質だから… とあきらめないで、自分の思考回路や生活習慣などを変えていくことで、病気から遠ざかることができる。

それが可能でないなら、私はとっくに人工透析をして、死んでしまっている可能性大です。

現に、友達の母親が高校生の頃、腎臓病の人工透析で、亡くなりました。

上二人が高校生の今、一歩間違えれば、私もこの世にいないかもしれないんだなぁと考えさせられます。

元々虚弱体質だからこそ、色々調べて実行する。

その経験と知識が、今の私を作っているので、元々元気で自分の体力や体質に自信のある方は、興味が向かないのだろう と感じます。

それで、年を取ってから生活のツケが出て 不調を感じ 「もう、年だから」とあきらめる人が多い。


そして、かなりブラックなことを言いますが、医者や政府等、信じ切らない事。

医者は、患者さんが来てくれたら、儲かる。

薬を処方すれば儲かる。

…来てくれなかったら 生活できなくなるので、完治させる気の無い医者も居ます。(もちろん、良いお医者様もいらっしゃいますよ!どうしようもない症状の時は、私も利用しますし、感謝しています。)

薬は、石油から作られ、石油関係を取り締まっている一部のお金持ち集団が、政府や医者を操り、販売することで儲けている。

副作用の大きくて、少ない効能のものも、儲かるから売る。

ワクチンなんて、その最たるもの。

その副作用を抑えるために更なる薬を。

いかにも元気になりそうなCMを作る。

そうして、どんどん薬漬けの人が増えていく。サプリもしかり。

政府だって、戦後、漢方や針治療をないがしろにし、西洋医学を推し、肉や牛乳を良しとした。アメリカが肉等を輸入してもらわないと儲からないから。

それまでに日本人は、そう言うものを食べる習慣もなく、それ以降生活習慣病がどっと増えた。

そして、政府の推している1日の摂取栄養素など、操られています。

昔の日本人は、ほぼ 玄米と漬物、汁物だけで生活していて、1日3食しっかり食べるようになったのは極最近のこと。

だから、1日1食でも良いのです。

 

栄養を摂らなきゃ~! と3食みっちり食べていたら 栄養過多で太って行くのは当然。

そのくせ、メタボやら、高血圧やらコレステロールが高いやら…

医者と政府の取り決めは信じられません。

人や物に頼っても、自分自身がブレていたら何も変わらない。

結局は、自分自身。

医者や他人(スピリチュアルや宗教も含め)に頼ることは、お酒や麻薬に頼るのと変わらないなぁ~と 見ていて思います。

もっと、自分で考えて、自分を持とう。

そうすると、見えなかった世界が見えてくる。


トレーニングに関しても、同じ考えで行っています。

普通に生活していたら、人間の身体はどんどん動かなくなり 固まってきます。

いかに、動く場所を増やすか。

可動域を広げるか。

意識し、生活することで、見た目と動きがマイナス5歳、10歳…

実年齢と身体年齢は それぞれ違うと感じます。

加齢とともに、生活や意識が顕著に出てくる。

動けなくなってから、病院に行っても遅い。

入院したり、歩けなくなったり、介護を受けたりするのは嫌ですから。

自由に動ける、若々しい身体で生きていきたいものですし、そのためのトレーニングだと思っています。